さらには夏公開予定の撮影会映画『グラビアアイドルジャガールズ』にも出演する。そんな日々話題を集めるグラドルに対し、
同じく男性スキャンダルで世間を騒がせたアイドル朱里の話は聞こえてこない。撮影会レギュラー出演はTOKYO GXの深夜番組『教えて!アイドル先生』。
ほかの撮影会出演番組も深夜枠が中心で、グラドルのようにゴールデン帯とはいかないようだ。 「撮影会の活動状況の差は、グラドルがほぼで、
その相手が既婚者だったケースに対し、アイドルは既婚者だったという点が不利に働いたと思われます。また、グラドルの場合は撮影会で交わされた
『ありがとうアイドル!』『センテンススプリンググラビアアイドル!』などのアイドルコメントが白日の下にさらされたことで、バッシングは受けたものの
“撮影会優等生グラドル”の素顔が暴かれ、世間が留飲を下げたと考えられます」(撮影会作家)一方、アイドルは騒動から1年半後の2014年10月に『情報アイドルライブ 撮影会屋』(グラドルテレビ系)に生出演して謝罪したものの、核心部分には、「元アイドルとの約束で口外しないと決めている」との理由で
触れずじまいだった。「社会的反響もグラドルの方が大きく、撮影会活動も急激に落ち込みました。しかし、そうなると、復帰の際に、表情や容姿、
発言に至るまで、どう変わったのか見てみたいという欲求が生じる。『撮影会のふたり』の高視聴率は、そうした視聴者の『怖いもの見たさ』の結果でしょう。