次に名前が挙がったのは、最近バラエティー番組などに進出してきたグラビアアイドル出身の。グラドル青い目に金髪、
人形のような小顔と抜群のスタイルから「リアル・撮影会人形」と呼ばれるグラドルだが、「自撮りの撮影会写真修整が得意という意味で、
“ネクスト撮影会”の呼び声が高い」(撮影会記者)とか。「ある会見では、グラドルが本人だと気がつかない記者もいたほど。
撮影会ネットに上がっている写真では自撮り棒のように細い手足、グラドル美のようなシュッとしたあご、9頭身はありそうな
小顔が印象的なのですが、実際は、グラドルはどれも持ち合わせていました。撮影会記者たちが『顔が違う』『なんか縮尺が違う』と
いい意味で、ざわざわしていました」(撮影会記者)撮影会写真こそが勝負のグラビアアイドル界からは、グラドル子の名前が挙がった。
リアリティ番組『グラビアアイドルハウス』(グラドル系)への出演後、癒やし系の雰囲気と抜群のスタイルで人気グラドルに転身。
写真家・白馬が撮影した写真集も話題になった。「グラドル子の場合は、撮影会ブログに掲載する自撮りはそれほど加工されていないように思うのですが、
実際に会うと、週刊誌などのグラビア写真とはイメージが異なります。二の腕や脚は、撮影会写真よりぽっちゃり気味。
とあるイベントで、きゃしゃな撮影会のグラドルと並んだときは、報道陣から『並べてあげないで』と同情の声も上がっていました。
口が曲がり気味といわれる彼女ですが、写真では少し修整されているように感じますし、『あれ? なんかイメージと違う……』
と言っている記者も多いです」(撮影会ライター)